iFilter (アイフィルター)

はじめに

社内でのタスク管理をスプレッドシートを用いて行っていたのですが、タスクが増えるにつれ自分のタスクなどを確認しづらくなってしまいました。そこで自分の見たい箇所を抽出・色付けしたいと思いこのiFilterを開発しました。

iFilter(アイフィルター)の機能は、Google Apps Script スプレッドシートで条件を設定しフィルタリングを行います。
iFilterには、
1.表示・非表示を行う(フィルタリング)機能
2.色分けするハイライト機能
があり、視覚的に必要なデータを分かりやすく表示することができます。


機能説明


アイフィルター




1.フィルタリング機能

フィルタリングしたい項目のセルを選択し、メニューバーの「iFilter」 → 「セル値で絞込み」または、「セル値を非表示」をクリックし、「フィルタ実行」を押下することで、タスク一覧をフィルタリングすることができます。
フィルタ設定パネルでフィルタ項目を解除することもできます。




2.ハイライト機能

色をつけたい値のセルを選択し、背景色を設定、メニューバーの「iFilter」 → 「ハイライト」をクリックし、ハイライトを実行することで選択された項目の値と合致する行は設定された色に更新されていく。
フィルタ設定パネルで色の設定を解除することもできます。