Google カレンダーはモバイルでも使用可能なので、従来のように予定を確認するために会社に戻る必要はありません

Google カレンダーでできること


  • 会議や予定の案内を参加者に送信して、出欠の返信を確認できます。
  • スケジュールごとに、または特定の人ごとに内容の「公開・非公開」が設定できます。
  • グループ単位でカレンダーを作成し、共有できます。
  • Googleマップと連動して訪問先の場所を表示できます。
  • 誰でも閲覧できるカレンダーをネット上に一般公開できます。
☆Google Calendar Syncを利用してOutlookなどのローカルカレンダーと同期できます。



Google カレンダーの特徴


  • 共有機能
    ユーザーを会議に招待して出欠を確認する、特定のユーザーとカレンダー全体を共有する、
    予定情報を一般に外部公開するなどの機能があります。
  • 操作しやすい画面
    ドラッグ アンド ドロップでデスクトップ アプリケーションのように操作できます。
  • Gmailと同期した連絡リスト
    Google カレンダーの連絡先リストは Gmail と同期しているので、Gmail でやりとりしたことのある
    ユーザーのアドレスはカレンダーにも表示されます。
  • Gmailとの統合
    届いた会議のリクエストや招待状を Gmail で確認したり、受信ボックスから出欠を連絡できます。
  • 会議室や施設の予約
    ユーザーは自分のカレンダーから会議室や施設、設備を予約できます。
  • モバイルでのアクセス
    携帯電話のインターネットブラウザでカレンダーを表示できます。
  • セキュリティとプライバシー
    アクセス権はカレンダーの所有者が指定できます。閲覧権限、編集権限、ネットへの公開など、
    各自で適切なアクセス レベルを選択できます。
  • 他のカレンダーとの統合
    データ API を使用すると、既存のカレンダー システムからGoogle カレンダーへの移行がスムーズになります。
    また、クライアント アプリケーションを使用してカレンダー機能にアクセスすることも可能です。
  • オープンスタンダード
    他の形式のカレンダーをインポートしたり、広く使用されている iCal 形式でカレンダーを共有できます。